薬剤師の将来性について

薬剤師の転職にも影響は出るのでしょうか?

薬剤師の将来性について

薬剤師の将来性に関して、悲観的な考え方をしている人は多いといえますが、実際のところはどうなのでしょうか。詳しく解説していくことにしましょう。 薬剤師の将来性が悲観的に考えられる理由は、いくつか考えられます。例えば、登録販売者制度の導入、6年制大学の登場、薬科大学新設の増加などが当てはまるでしょう。

また、世界的に不況が続いていることもあり、薬剤師にかかわらず仕事が見つかりづらいという現状況は、今後も続いていくと考えられます。 そのため、ただ単純に調剤ができればよいとか、薬剤師としてのスキルや技術、経験を積めば生き残っていけるという話ではなくなってきているといえるでしょう。

では、今後、多くの薬剤師が消えていくのかといえば、そうとも言い切れません。ほとんどの人が、より良い条件を提示してくれる職場へ転職することを考えますが、それとは違うことをすれば生き残ることができるといえます。 つまり、今後求められるであろう分野での、専門性を身につけておくのです。例えば、今後は在宅医療が全国各地で浸透していきますので、介護の分野で活躍できる薬剤師は重宝されます。

現に、たくさんの調剤薬局などで、在宅医療に取り組み始めていますので、就職先はいくらでも見つけることができるでしょう。 また、近い将来、医療制度が改正されたり、新たな医療ニーズが増加することは十分に考えられることです。このような最先端の分野は、定期的に薬剤師業界の情報をチェックしておけば、すぐに分かる情報ばかりです。

そのため、勉強会へ参加したり、なんらかのセミナーへ顔を出すようにしておくと、転職のチャンスを掴むことができたり、今後どのような分野の専門性を身につければ良いのかが分かるようになるでしょう。

以上のことから、薬剤師の将来性は悲観的な面もある一方、専門性や独自性を高めていけば、まだまだ活躍できるチャンスはあるといえそうです。 これらのスキルや経験、知識などはすぐに身に付けることができるものではありませんので、ネガティブな情報に振り回されず、冷静に状況を分析する力も必要となるでしょう。