パート薬剤師として復職した36歳女性の体験談

パートなら復職にチャレンジしやすい!

パート薬剤師として復職した36歳女性の体験談

私は、現在ドラッグストアの薬剤師としてパート勤務をしています。 薬剤師は一般的なパートと比較すると収入が多いので助かっています。 私には小学生の娘がいますが、6カ月前に小児白血病であるという診断を受けました。

けれども手術の必要はなく、ずっと薬を継続して飲み続けていれば問題なく生活できるということでした。 しかしながら、お薬代は月額にして約90,000円程度必要になりますので、これを何とか捻出しなければならなくなりました。

私は薬剤師の資格を持っていましたから、仕事に出て薬剤師の収入によって子どもの薬代を賄おうと決めたのです。 そして、3カ月前から近所のドラッグストアにパート薬剤師として働きにでました。 薬剤師の仕事は10年ぐらいのブランクがあったのですが、そんなことは言ってられず必死でした。

薬剤師の収入は時給換算で2,000円程度はもらえるので、とても高い水準です。 一日3時間から4時間仕事をすれば、月に90,000円程度は稼げると計算をしました。 薬剤師の就職先として製薬会社の営業職の次に高い給料を貰えるのがドラッグストアだと言われています。

私はパートタイム勤務ですが、それだとしても1日に数時間仕事をすると、不思議な事に気持ちもやわらいで、のびのびした気分になることも実感しました。 結婚を機会に退職し一度も働きに出なかったのですが、いざ仕事をしてみると予想以上に楽しい気分を味わえました。

薬剤師の収入は結構高い水準だから稼いだお金で自分の好きな洋服も気にせずに買えるようになったからです。 子どものお薬代をカバーするために始めた仕事だったのですが、専業主婦として家の中にいてこもりがちになっていた私には良いリフレッシュになりました。

学生時代にしっかりと勉強をして薬剤師の資格をとってよかったと、こうなってみてつくづく感じます。 人間関係も私に合っているし凄く仕事がしやすいです。 実は仕事探しをインターネットの薬剤師専門の求人サイトに登録して探してもらったんです。

専任のコンサルタントの人がついてくれて、カウンセリングをしながら職場探しをしてくれるし、通常の求人情報ではわからない人間関係の良い職場なんて条件もクリアできるのでとても役立つサイトだと思います。