パート薬剤師の立場と役割について

パート薬剤師という働き方はどう?

パート薬剤師の立場と役割について

近年、薬剤師の働き方も多様化しており、パートやアルバイトという形で活躍する方も増えてきています。とはいえ、患者さんから見れば、パート・アルバイトの薬剤師も正社員の薬剤師の区別がありません。

また、パートやアルバイトだからといって、正社員・常勤の薬剤師に比べて責任が軽いという訳では決してなく、調剤や服薬指導、薬歴管理などでミスは許されませんし、手を抜くことも許されません。

とはいえ、実際の現場においてはパート・アルバイト薬剤師と正社員・常勤薬剤師の青打には明確な線引きがあり、立場や役割は異なります。例えば、調剤業務においては、パートやアルバイト勤務の薬剤師は、常勤の薬剤師と比較して、取り扱える薬の科目が制限される傾向が強いと言われています。また、待遇面でもやはり優遇されるのは当然、正社員の薬剤師となります。

このような、立場や役割の違いに理不尽さを感じ、やりがいを見失って転職するパート・アルバイト薬剤師は少なくないと言われています。確かに、同じ国家資格を持つ薬剤師同士、格差があるのは納得いかないという意見が出るのも分ります。

しかしながら、雇い入れる側からしてみれば、パート・アルバイトという雇用形態は、急な欠勤や早退・遅刻などにも柔軟に対応する分、重要な役割を任せられないという想いが強いのも当然です。さらに、正社員の場合は、遅刻・早退、欠勤などに厳しく対処し、拘束時間も長い反面、給与や待遇面で優遇したいというのも、これまた当たり前の事なのです。

こういった事を踏まえた上で考えたいのが「なぜパート・アルバイトとして働いているのか」という事です。家族のために時間を割きたい、体調面で長時間の労働が難しいなど、様々な理由から、パート・アルバイトといった、時間に融通の利く働き方を選択されていると思います。この「時間に融通が利く」というのは、働くという事を考える上で、非常に大きなメリットであるという事を忘れてはいけません。

このメリットを得るために、諦めなければならない事、我慢しなければならないことが存在するという事を見つめ直すことが出来れば、パート・アルバイトという待遇への不満や悩みはかなり解消するはずですよ。