薬剤師の年収を上げる大切な事

年収1000万を目指すなら?

薬剤師の年収を上げる大切な事

 薬剤師の平均年収は業種もしくは勤務形態にもよりますが、500万ほどになります。  製薬会社での収入は高く、管理職になると1000万を超えることもあるようです。

 一方ドラッグストアでは病院薬局勤務に比べて高いですが、~800万円くらいになります。  また地域や性別によっても年収は変わってくるようです。女性の場合、男性より平均年収が50万ほど低くなっています。

 年収は学歴によって変わってくるのでしょうか。  薬剤師は薬学部を卒業し、国家資格を取得した職業ですので学歴にさほど差はありません。しかし「どんな薬学部」を卒業したかで就職先の選択が変わってきます。

 就職先によって内定が出やすい大学があるからです。逆に、自分の大学の薬学部はこの会社がとってくれやすいと考えることもできます。調剤薬局への就職を考えるならば、そのようなことは問題になりませんが、年収を考えるのであれば、入学する大学は選んだ方が良いと言えます。

 ではすでに薬剤師として勤務している方には、卒業した大学を変えることができません。年収を上げるためにはどうすればよいでしょうか。  まず他の職種でも言えることですが、相手がスカウトしたいと思える人材になって転職をすることです。

それには常に結果を残すだけでなく、他人の良いところを吸収し勉強するという姿勢でいなくてはいけません。 医療が発達すると同時に薬剤も増えてきています。薬の受け取り手が納得できるよう情報へのアンテナは張り巡らしておいて欲しいです。

 また知識の量が増えても、それを振るうことができるコミュニケーション能力、なかでも交渉力が必要でしょう。能ある鷹を続けても、実際に本人の評価をしづらいものです。  提示されるままの年収で判を押すのではなく、自分に価値があると自信があるのなら、交渉力で年収を上げることも可能だとだということです。

 転職に自信がない場合、ではその職場での地位向上を目指してみてください。  役職の有無で待遇も変わってきます。  他の業種から見れば、薬剤師の年収は高いと思われがちですが、本人たちにとっては満足とは言えないようです。

 業種としての限度もあるでしょうが、まず自ら行動を起こし、その現状を打破しようと試みてください。それは患者にとっても良い結果となるからです。